カテゴリ
名張市(36)

有栖川有栖さん 僕の後輩です

10-30-1.jpg

大阪上宮高校OB 名張で江戸川乱歩を偲ぶ
11月5日、なぞがたりなばり「ミステリーの迷宮をさまよう」
 名張市が日本推理作家協会の協賛で開いている「なぞがたりなばり」講演会は十一月五日、名張シティホテル三階白鳳・天平の間で「有栖川有栖(ありすがわありす)のミステリー散歩」と題して催される。
 講師の有栖川有栖さんは一九五九年、大阪市生まれ上宮 同大。八九年、「鮎川哲也と13の謎」シリーズの一冊『月光ゲーム Yの悲劇'88』でデビュー。「新本格の旗手」として活躍し、二〇〇三年には『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞を受賞。本格ミステリ作家クラブ会長。
 雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載したエッセイ『作家の犯行現場』(新潮文庫)では、江戸川乱歩の生まれ故郷である名張市を訪れ、乱歩生誕地碑や市立図書館、料亭清風亭などを探訪している。
 講演のテーマは「本格ミステリーの迷宮をさまよう」。
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。